というのも、いきなりぶっちゃけてしまいますとホームページを作ったからといってそれだけで集客が出来るかというと決してそうではなくて、もちろんそれはお客さんにも納得していただいた上でご契約をさせてもらっているのですが、なんだかいろいろと考えてしまいますね〜。

集客という面で言えばやっぱりホームページは作った後の更新が大事になってきて、僕のお客さんの中でもやはり更新をあまりしない人はアクセス数もあまり伸びていなかったり、seo(検索順位の諸々)なんかもやはり最低限のところ(店名で出てくるとか、狭い地域名と業種名の検索とか。)までしか達成できていないですね〜。
逆に定期的にブログを更新してくださったりFacebookやinstagrmを組み合わせて使っていらっしゃる方は、それこそ毎月何千という人に自社のサービスを知ってもらうことができていて、通販なんかも用意していた箱がなくなるほどに注文が来ていらっしゃったり、メインの商品名のみの検索でホームページが検索の1ページ目に来たりなど、完成した後の差がものすごく大きいですね〜。

いきなり話が逸れてしまいましたが、今回なぜ僕が、営業マンは夢を見させることが正解なのかというのを考えてしまったかというと、先日お客さんと話していた時に、そういえばこの前うちの店に広告、IT関係の営業さんがきたよ〜、と仰っていまして、詳しくお話を聞かせてもらうと営業さんなんで当然ですが、商品の説明を凄い説得力のある感じで、どれだけ素晴らしい効果があるかっていうのを話されていたらしいんですね。で、お店のオーナーさんも断ったけど正直かなり欲しかった、ぐらっときたとおっしゃてまして。

僕からするとお話を伺った商材は正直それ、効果あんの?と思ってしまうようなシロモノでして、まあ僕もその商材のことを詳しく知らないのであまり下手なことは言えないんですが、何が言いたいかというとつまり営業さん、夢を見させるような事ばっか言ってんな〜と思ってしまいまして。
もちろん営業というお仕事なんでそれが当然っちゃ当然なんですが、なんだかそれって良心的にはどうなんだろうかと少し思ったというお話ですね。魅力や効果がないものを話し方の上手さでごまかして、さも良い物のように話してお客さんに気に入ってもらうのってどうなのよ?と思いました。
とはいえ僕も会社に勤めていたころは同じような感じでしたし、それでご契約をいただき、ご飯を食べていたわけなので偉そうな事は言えないですし、そもそも人にどうこう言うような立場ではないのは前提なんですが。まだまだ甘ちゃんなんですかね〜。まあでも良心が痛まないような商売をしたいですね〜。

おかげさまで今は、値段設定もホームページの仕様も全て満足いく物をお客さんに提供できているので、その辺のストレスは無くなりましたね。そのことについて書いて有る記事があったのでこちらもぜひ。

「売りたくないものを売る」という奴隷的労働から逃れよ。

あなたの「こだわり」は、価値なのです。

奴隷めいた状況で自分の心を殺すのは、世界にとって損失です。

いい言葉ですね。ちょっとうるっときた。

結論!!今後も周りがどうであれ僕は、自分が納得いく商品を、メリット(格安!なのに使用しているシステムは大手制作会社さんと同じ・スマホも対応、etc…)もデメリット(ビッグワードでのseoは期待しずらい)も正直にお話して行こう!と思いました!

おしまい!